ジェイアール西日本コンサルタンツ株式会社
HOME LINK SITEMAP PRIVACY POLICY
会社案内 業務内容 特殊技術 採用情報 お問い合わせ
特殊技術/補修・補強技術 イメージ
補修・補強技術
APAT工法(外部スパイラル鋼線巻立耐震補強工法) ウルトラ拡張アンカー CFB工法(カーボン・ファイバー・バンド工法)
CFB工法(カーボン・ファイバー・バンド工法)
炭素繊維帯を間隔を開け、柱部材の外周に巻き付け、FRP化させることにより、所要の耐震性能を与える耐震補強工法です。特に高架下活用箇所で壁などの支障物のある箇所や狭隘な箇所で優れた施工性、経済性を発揮する工法です。
用途
■  鉄筋コンクリート柱の耐震補強
  ・鉄道、道路高架橋の柱
・建築構造物の柱
特徴
01
柱の断面形状を選びません。
02
補強後の断面・荷重の増加を抑えることが可能です。
03
既設柱の表面を直視できることから、日常点検や被災時の点検が容易です。
04
製品使用のため安定した品質が確保できます。
05
人力施工が可能で施工性に優れていることから工期短縮が可能となります。
06
支障物への影響も少なく、トータルコストを抑えることが可能です。
工法概念図
施工直後
施工手順
施工状況(CF巻付け) 施工状況(樹脂流込み)
実績
JR西日本 山陽新幹線ラーメン高架橋
特許
【特許出願中 (特願2006-165932)】
名称 炭素繊維を使用した鉄筋コンクリート製柱状構造物のじん性補強方法
申請者 新日本石油株式会社
広成建設株式会社
西日本旅客鉄道株式会社
ジェイアール西日本コンサルタンツ株式会社
BACK TO TOP
Copyright (c) 2006 JR WEST JAPAN CONSULTANTS COMPANY All rights Reserved.