ジェイアール西日本コンサルタンツ株式会社
HOME LINK SITEMAP PRIVACY POLICY
会社案内 業務内容 特殊技術 採用情報 お問い合わせ
業務内容/構造物調査・診断
構造物を安全に、より長く使うために
私たちは、共用されている土木構造物の調査、計測、診断を通じて、適切な維持管理方法や必要な修繕・補強策の提案、また近接工事等に伴う影響の計測管理方法を提案・実施することにより、より安全・長寿命・ローコストの社会資本維持に貢献しています。
計測管理:近接工事の影響診断と安全管理
デジカメウォッチャーによる軌道・橋桁の計測」(線路下構造物構築工事中)
供用している構造物や線路の直下や近接して行われる工事途上の影響を計測管理し、安全を確保に寄与します。
特に、よりシビアな管理が求められる鉄道ノウハウを生かし、当社が共同開発した「デジカメレールウォッチャー」は軌道の狂い量や構造物の動きを高精度・ほぼリアルタイムに自動計測できる優れたシステムです。
【主な実績名】(所在地)/発注者
新大阪構内山口第2架道橋新設に伴う計測管理(大阪市)/大鉄工業
米原彦根浄化センター建設に伴う計測管理(滋賀県)/JR西日本
和泉府中構内和泉府中架道橋新設に伴う計測管理(和泉市)/大鉄工業
北近畿タンゴ鉄道豊岡丹波三江円山川橋りょう架け替えに伴う計測管理(豊岡市)/KTR
大阪構内阪急デパート立替近接施工に伴う計測管理(大阪市)/大林組 ※計測中
阪神西大阪線正連寺橋りょう計測管理(大阪市)/アーバンエース ※計測中
橋りょうの診断
適切に建設された構造物でも放置して供用すれば、経年による劣化等により変状が発生したりその寿命が短くなることがあります。
逆に定期的に適切に点検し必要により適切な修繕等の対策をうっておけば安全に且つ長く供用することができます。
コンクリート構造物の調査・診断
コンクリート構造物の調査・診断
橋梁・トンネル覆工を問わず、あらゆるコンクリート構造物の材質劣化や構造物の状況を調査・診断して、劣化原因の特定と必要な場合はその対策方法等を提案します。
鋼構造物の調査・診断
鋼構造物の調査・診断
橋桁をはじめとする鋼構造・合成構造物の状況を調査・診断し、健全度を判定し腐食・亀裂等の劣化原因の特定を行いその対策方法等を提案します。
工事での既設構造物の影響診断・計測
工事での既設構造物の影響診断・計測
既設構造物に近接して行われる掘削等の工事がどの程度の影響を与えるのかを把握し必要により工事中の計測や防護対策を提案します。
鋼構造物の調査・診断
鋼構造物の調査・診断
鉄道沿線の斜面や防災設備の調査による機能診断や騒音・振動、土壌汚染の調査分析を行い対策を提案します。
BACK TO TOP
Copyright (c) 2006 JR WEST JAPAN CONSULTANTS COMPANY All rights Reserved.